teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/194 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

CEATEC その2

 投稿者:ほるん  投稿日:2005年10月 6日(木)22時22分49秒
  通報 編集済
  ・ソニー
新ブランド BRAVIAのデモに必死でした(^^;)
鳴り物入りでデビューしたにも関わらず、数時間後に iPod nanoにひっくり返された新ウォークマンも広いブースを用意していましたが、あまりにも いまさら感が強く、どうするんだろう? という感じ。
対して 裏にあった HDムービーの時代を切り開いた HDR-HC1とか、APS-Cサイズ CCD搭載 レンズ一体型デジカメ DSC-R1とかの方が ソニーらしい魅力ある製品でしたねぇ。

R1は APS-Cサイズの CCDでもライブビューが可能であると 初めて実証したデジカメ。
筐体もレンズも大きめだけど、左手でしっかりレンズをホールドできるようになっているのは感心。
また、マニュアルフォーカスモードに切り替えてピントリングを操作すると、EVF、液晶モニタ共 ファインダ倍率が x2となり、ピントが合わせやすくなるマグニファイヤ機能が自動的に効くようになっているのには感心。
この機能 とても便利で、うちにある DiMAGE 7i、A1にも搭載されているのですが、ボタンを押して 明示的にファインダ倍率を変える必要があるのですが、R1は自動なのがポイント。 もう一歩進めて、AF/MFの切り替えなしにピントリングを操作すると自動的に MFに切り替わり、マグニファイヤ機能もONになれば完璧なんだけど。
しかし、カメラとしてのシャッターフィーリングは全然ダメで、半押しが軽すぎの上、押し込みが重いのですね。 これは 是非直して欲しい と要望してきました。

・次世代光ディスク
BD、HD DVDの陣営に分かれて それぞれの専用ブースと自社ブースで火花を散らしていましたが、ノートPC用のスリムドライブを展示しているところを見ると 普及は早そうですね。
ただ、PCでの HD再生は まだ荷が重すぎるようで、デュアルコア系の CPUが必要のようでした。
HD DVDだと、メインコンテンツ再生中に サブコンテンツをオーバレイで表示したりするのです。
というわけで、現状の PCで ソフトウェアのみで複数の HD再生をおこなう必要があるため厳しいのですね。 専用プレーヤーならデコードチップが搭載されているので 問題はないのですが。
そのうち、初期の DVDの頃のように デコードカードも出てくるんじゃないでしょうか。

・Panasonic
最近、展示会のたびに見かける LUMIXの分解モデルが並んでいました。
できれば フォーサーズの展開を見せてくれるような展示もあれば良かったんですけどねぇ。 それをやると 現行モデルが売れなくなるからダメなんでしょうけど。

SDカードのムービー機の分解モデルもありましたが、意外に中の回路は複雑でギッシリなんですねぇ。
東芝の MPEG2カメラより大きく、倍の価格帯域に位置していますが、これでは仕方ないかも。
その分、東芝のものよりは 画質に期待できるものなんでしょう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/194 《前のページ | 次のページ》
/194